Home > 菜種油が出来るまで
 

菜種油が出来るまで

圧搾VS抽出

地あぶらは物理的に圧力を加えて搾ります。大量生産のサラダ油は有機溶剤(ヘキサン)で搾り、その後も化学処理で精製をします。

サラダ油グラフ

サダラ油(抽出)
ヘキサンで原料から油を溶かしだします。精製では、化学物質の力を借りて、酸化の原因となる「不純物」を徹底的に取り除きます。
使いやすさや品質保持のために、酸化防腐剤や消泡剤などを添加して完成します。

地油グラフ

地あぶら(圧搾)
圧搾機で搾油し、精製では上澄み液を濾過して完成と、いたってシンプルです。濾過しすぎていないので、酸化促進物質とともに、抗酸化物質のレシチンやビタミンEなども豊富です。


搾油工程

原料

STEP1 原料

ヤマキの菜種油の原料は「キザキナタネ」100%です。


矢印

焙煎

STEP2 焙煎

油を出しやすくする為にキザキナタネを釜で炒ります。水分を飛ばします。水分が飛びすぎると粉々になって油が出なくなります。収穫後は7~8%まで乾燥させておくとよいです。


矢印

搾油

STEP3 搾油

スクリュー型搾油機にタネを投入します。ここで油粕がと油にわかれます。粕に油が多く残っている場合は再び搾油機にいれ再度繰り返します。油粕は、高品質の肥料として使用しています。


矢印

静置

STEP4 静置

1週間ほど静置し油分以外のものを沈殿させていきます。


矢印

濾過

STEP5濾過

1週間ほど静置したもを濾過機械にいれて油を精製します。


矢印

加熱

STEP6加熱

品質を保持するために加熱します。加熱すると油の質が均一になりとても美味しくなります。


矢印

ビン詰め

STEP7ビン詰め

1本1本手作業でビンなどに詰めていきます。ここでやっとヤマキの菜種油になります。


菜種油とは
菜種油が出来るまで
菜種油委託充填